スポンサードリンク


プリウスの経済性能を最大限引き出す方法

トヨタのプリウスと言えば日本を代表する人気のハイブリッド車です。

 

プリウスの最大のウリは低燃費であり、同時にCO2の削減にも貢献します。

 

つまり、エコと経済性の両面で高いパフォーマンスを発揮する車なのです。

 

まあ、エコというか環境にやさしい車であるのは確かですが、ユーザーさんにとって評価が高いのはもっぱら燃費、経済性能の方でしょう。

 

しかし、車の経済性能とは、実は単に燃費の良し悪しだけで決まるわけではないんですよね。

 

車を所有し乗り続けることでかかる費用は、ガソリン代以外にもいろいろあります。

 

車の購入費用からはじまり、保険代、税金、消耗品、さらに修理・メンテナンス等の維持管理費、

 

2年に1回の車検費用まで含めると年間当たりの維持費は、それなりにかかるわけです。

 

人によっては「車はカネ喰い虫だ」なんてなことを言う人もいるくらいです。

 

つまり基本的に車を所持する以上は、それなりの出費は覚悟する必要があるというわけですよね。

 

そんな中でも「なるべく車の維持費を安く抑えて快適なカーライフを楽しみたい」そんな希望を持つ人も多いはず。

 

その夢に近づけてくれるのがいわゆるハイブリッド車なんですよね。

 

だた、ハイブリッド車も様々で、肝心の経済性能についてもかなりの開きがあることも事実です。

 

では、最も高い経済性能を持つ車とは何なのか。

 

また、何をもって経済性能が高いと判断できるのかについて考えてきたいと思います。

 

車の経済性能を様々な角度から考えた結果、最も有効な車の選択はトヨタ「プリウス」であるという結論に達しました。

 

でも、だからと言ってプリウスなら必ず高い経済性能を発揮できるかというと、決してそうではありません。

 

実は、ある特定の条件が揃ったプリウスだけが最高の経済性能を発揮します。

 

では、その特定の条件とは何なのか?

 

そして最もコストパフォーマンスの高いプリウスとは何なのか?

 

その疑問にお答えしていきます。

 

 

プリウスの燃費性能と車両価格の関係

 

自動車の経済性を考える場合、多くの人は燃費性能に着目しますよね。

 

その意味でもちろんプリウスは最高の燃費性能を有します。

 

まあ、年式やグレードによって燃費性能は異なりますが。

 

いまでも街中で目にする少々古め20系から最近の50系まで、ざっくり見るとJC08燃費で大体35km/L前後。

 

多少型が古くても実燃費で軽く20q/L台は行きますので非常に優れた燃費性能です。

 

しかし、プリウスは燃費は確かに良いのですがネックなのが車両価格です。

 

グレードにもよりますが、新車で250万円〜350万円くらいの価格帯となっています。

 

さらに購入にかかる諸費用やらオプション等も考えると、300万円〜400万円以上の出費となります。

 

低燃費車に魅力を感じている人にとっては、決して安い買い物ではありません。

 

特にあまり長距離を乗らない人の場合では、トータルバランスで考えるとむしろ割高な感じさえしますよね。

 

 

プリウスは耐久性に優れていることも利点

 

プリウスは環境には優しいのですが、その反面お財布にはちっとも優しくないことがお分かり頂けたかと思います。

 

しかしそんなプリウスも安く買う方法がない訳ではありません。

 

実は中古車を狙う方法もあります。

 

プリウスは中古車市場にも数多く出回っており、年式やグレードによっては比較的安い価格帯で購入することが可能です。

 

「でも中古車なんか買ってから修理代がかかって結局高く付くのがオチ」と考える人も多いことと思います。

 

特に中古車の場合、ハイブリッドシステムを動かすためのバッテリーの寿命も心配です。

 

そんな理由から、中古車のハイブリッド車を敬遠する声も時々聞かれます。

 

しかし、実はプリウスという車は、非常に耐久性に優れています。

 

例えば10年落ち、走行距離10万キロ…

 

この程度のプリウスならほとんど問題なく走行できます。

 

もちろん多少の燃費性能は落ちますが、車両価格の割安感から「費用対効果」で考えても十分な経済性能を発揮してくれるはずです。

スポンサードリンク